GoRA PROJECT Group of writers who pursue for “A piece of work that can be enjoyed by anyone”

「王と裏切り者」 壁井ユカコ

 

 一度くらいは行っておこうと思った。理由になっていないかもしれないがそんな理由で、周防尊が勾留されている房に足を向けていた。

「……伏見か」

 と、呼ばれた瞬間条件反射で身が萎縮した。鉄格子が嵌まった小窓の向こうに見える男はこっちをいっさい見ていない。背中を向けて寝台に寝転がっているだけだ。こっちから音を立てたわけでもないのに、

「なんでわかっ……たん、ですか」

 声帯が強張って、喉を塞ぐ異物感を押しだすようにして声をだした。《吠舞羅》を抜けて二年が過ぎているというのにあの頃と変わってないと思い知らされる。この人の近くでは息がしづらくなる。

 ふん、とかすかに肩を揺らして周防は笑い、それで質問の答えにしたようだった。自分の力の一部を与えた者の気配を察することなど《王》には造作ないのかもしれない。周防の〝赤〟は伏見の中の、片隅に未だ宿っている。

 格子窓を挟んで伏見にとってはいたたまれない沈黙がおりる。滅多になかったものの周防と二人になるといつもこうだった。「ウチで極端に〝ふきだし〟が少ないツーショットはキングとアンナか、キングと伏見だよね」と昔もよく言われていた。「キングとアンナの場合は時間がマイペースに流れてるんだけど、キングと伏見の場合は時間が凍りついてるのが目に見えるよねー」などと、無責任に面白がっていた人がいたものである。「いた」というのはそのままの意味で、今では過去形だ。

「楽しくやってんのか」

 気怠そうな低い声で問われた。相変わらず背中しか見えないので肩胛骨が喋ってるんじゃないかとちょっと本気で思えてきつつ、最大限の嫌味で伏見は返してやる。

「別に楽しかないですけど……そっちにいたときよりはマシです」

 気にするわけもないと思ったがやはり周防は気にしたふうもなく、「そうか」と相づちを打っただけだった。その淡泊な反応に少々苛立たされ、肩胛骨に向かって問う声に棘が混じった。

「八田……とか、他の連中はともかく、アンナはどうするんですか。万一あんたが……」

 肩胛骨は今度はぴくりとも反応しなかった。ずるいよな、あんたは……と伏見は思う。あんたを慕って集まってきた多くの人間の思いを無視して一人で破滅しようとしている、そういう自分を最低だとは思わないのか?

「……あんたのまわりに、〝仲間〟なんてもの、集まらなければよかったのに」

 ぼそっと零すと、肩胛骨がまたかすかに笑った。

「本心からそう言ってくれんのはおまえくらいかもしれねえな。おまえはそれでいい、伏見。おら、長居するもんじゃねえ。おまえの《王》んとこに戻りな」

 

                        *

 

 非常階段を使って情報室がある階に戻ったのだが、待ち伏せていたかのように階段の上に青い隊服を纏った足が見えた。室長か……とぎくりとしたが、女性隊員の制服だ。

「淡島副長……」

 片手にタブレット型タンマツを持ち、片手を腰にあてた淡島が険しい顔で見おろしていた。

「行くなら誰かにひと言言っていきなさい。黙って一人で周防尊と会っていたとなれば無用な誤解を招きかねないわ」

「……誤解じゃないかもしれないですよ。俺が《吠舞羅》と内通してたらどうします?」

 口を尖らせて言い返すと淡島は軽く目を開いたが、すぐに「ふ」と、目を細めてどことなく柔らかい笑いを漏らした。「脂汗を滲ませて震えている内通者がいたとしたら、少なくとも好んで向こうについている人間ではないでしょうね。報告会の時間よ。資料はできてるでしょうね」

 一瞬絶句させられてから、伏見は冷たい汗が滲んだ手のひらを身体の横で握り込んで「……チッ」と舌打ちをし、

「誰に言ってんですか。できてますよ」

 きびすを返して姿勢正しく歩きだす淡島のあとを追いかけた。

Copyright © 2013 GoRA PROJECT All Rights Reserved | お問い合わせ