応援ページ

SPECIAL NOVEL

はあ? なんだよ『東京レイヴンズ』って。小説? なもん、読まねえよ……え、なに? 今度アニメになるのか? へえ。

 

ちなみにどんな話だ? ……あア? 陰陽師の話だあ? ケッ。なんでえ。興味ねえな。

陰陽師って、あれだろ? 昔の、着物とか着た貴族だろ? お上品なのは趣味じゃねえんだよ。

 

なに? バトルありだ? ふーん……つってもなあ。拳と拳でガチにやり合うとか、そういうんじゃねえんだろ? おまじないでバトルとか、すげえ地味っぽいじゃねえか。……式神? なんだそれ? 知らねえよ。

 

だいたい、陰陽師の話なのに、なんで「レイヴンズ」とかカタカナ付いてんだよ。ヘイアン時代とかの話じゃねえのかよ。……ん、ああ、舞台は現代なのか? にしても、陰陽師なのにカタカナって、なんか変だろ? つか、そもそもレイヴンズってどういう意味だよ。そこから説明してもらわねえと……。

 

え? カラス? 大ガラスのこと?

 

……ほう。

そうなのか。格好いいカラスの……。

 

……なんだ! それならそうと、早く言えよっ。カラスか。カラスね。イイじゃん。悪くねえじゃん?

ぶっちゃけカッケーよな、カラス? 全身黒くて、スマートでよ。何より、不吉の象徴みてーなのが、かえってこう、くすぐるっつーかよ。

 

ん? つまり、その話ん中じゃ、陰陽師のことを「レイヴン」って読んでるわけか? カラスに喩えて?

 

……はは~ん。

 

さては……真似しやがったな?

 

ったくよぉ。いくら格好いいからって……ま、仕方ねえな。クールなネーミングってのは誰しも、真似したくなるもんだしな。憧れってやつ?

 

改めて聞くと、レイヴンズって響きも悪くねえ。それに、ただのカラスじゃなくて、大ガラスってとこもヒネリが効いてらあ。

 

まっ、そうは言っても格好良さでいやあ、ヤタガラスにゃあ敵わねえけどな! なんたってこっちは、神話に出てくるカラスの王様だぜ!

 

あ、つか、ひょっとしてレイヴンズって、ヤタガラスの手下とか部下みてえな立ち位置なんじゃね? ったく、なんだよ。そうと知ってりゃ……へへ!

 

ちなみに、出てくるのはどんな奴らなんだよ?

主人公は……熱血馬鹿? お、悪くねえな。嫌いじゃないぜ、そういうの。やっぱ主人公ってのは、スカシた野郎より熱いオトコでねえと! どっかの、陰気で眼鏡でふて腐れたサルより、強くて仲間思いで熱いカラスの方が、主人公には相応しいってもんよ!

ヒロインは……お、おい、ちょっと可愛いじゃねえかっ。なんかいかにもヤマトナデシコっぽいじゃねえかっ。……ん? でも、なんだ? 普段は男装してるのか? 変な女……ま、まあ、そういうのもアリか。草薙さんだって、酔った勢いで女装してたしな。

で、このヘアバンドは……主人公の悪友? へえ。元ヤンキーか。だったら話、合いそうだな。で、クールなくせに、ダチ思い? いいじゃねえか。いよいよ話が合いそうだ。

差し当たり、こいつらがメインになるわけか。他にも、腕利きの陰陽師がいっぱい出てきて……『十二神将』!? なんだそれ? えれえ格好いい名前じゃねえか! そいつらも戦ったりするのか? しかも超強いだと? いいねいいね。そうこなくっちゃ。面白そうじゃねえか。

 

それで、主人公やそいつらも、全部陰陽師だから「レイヴンズ」なわけか。つまり、ヤタガラスの子分ってことだな。うん。

 

やれやれ。しょーがねえなあ。えー、なんつったけ?

 

『東京レイヴンズ』?

 

『東京レイヴンズ』だな?

 

よしよし。今度アニメになるんだったよな。え、もう来週からなのか? 10月8日の、深夜24時30分からスタート?

火曜深夜の『東京レイヴンズ』、ね。オッケー、覚えといてやるよ!

©あざの耕平・すみ兵/株式会社KADOKAWA 富士見書房/東京レイヴンズ製作委員会

Copyright © 2013 GoRA PROJECT All Rights Reserved

イラスト:月ヶ瀬ゆりの

10月25日配信の電子書籍雑誌「ミルフィ vol.1」より、『東京レイヴンズ Another×holiday』連載開始。